072907

身長や骨格などは遺伝的な要素が多く、幼児体型と遺伝は大きな関係性があると言われています。

 

ですが例えば父親や母親がお尻が大きいからといって、子供も大きいとは限りません。

 

体型というのは必ず遺伝で伝わっていくものではないのです。

 

体型は遺伝が全てじゃないよ。生活習慣が大いに関係

 

それに太っていることを、うちは両親が太ってるからわたしも太りやすいんだと、親のせいにしてるならそれは大きな間違いですね。

 

わたし自身も母親は幼いころから背が小さく、ぽちゃっとした体型で、寸胴でくびれがなかったから、この体型はきっと遺伝なんだと少し諦めてたけど、運動や食事を改善していったことで幼児体型を治すきっかけにもなりました。

だから体型って頑張れば変えれるんだってことがわかりました。

 

それは成長期を過ぎている人でも遅くはないですが、早いうちにやる方がいいに越したことがありません。

 

そのためにはまず自分の体型の問題点をしっかり見つめなおすことです。

d25574cfc57ba18eb07999bd6bf57075_s

幼児体型の原因がぽっこりお腹なのか、胸がないからなのか、太ってるからなのかを見極めて、そこにスポットをあてた改善方法をしていくべきだとわたしは思います。

 

身長をいきなり伸ばしたりバストサイズをいくつも上げるのはできませんが、努力次第ではくびれを作ってぽっこりお腹を解消し女性らしいセクシーな体型にすることも可能になります。

 

わたしの体型は遺伝だからと諦める前にまずは自分の体型の問題点を見直してみましょう。
スポンサーリンク