002989

特に学生さんなどの若い子たちなら、まだ体が成長の過程にあるから自然と大人になるにつれて幼児体型が治っていくこともありますが、成長期を過ぎた20歳ころからは自然には幼児体型は治らないでしょう。

 

幼児体型は病気じゃないんで、病名がない分はっきりした治療法がないんです。

 

だけど幼児体型の悩みを一つ一つ解決していくことで幼児体型を治すことにつながります。
スポンサーリンク

体型の悩みを明確にして解決しよう

幼児体型の悩みといえば、背が小さい、胸がない、ぽっこりお腹、寸胴でくびれがないなどですよね。

 

例えば成長期を過ぎた身長150センチの子を身長165センチまで伸ばすとか、Aカップしかない人をいきなりEカップにさせることは、美容整形以外ではありえないと思います。

872fe6b077ad8ebde8247eceba1ba770_s

「え?じゃあやっぱり治らないの?」と諦め顔の人もいるでしょう。

 

確かに身長をいきなり伸ばしたりすることは、はっきり言って難しいでしょう。

 

だけど、寸胴でくびれがないとかぽっこりお腹を改善して、女性らしい綺麗な体型を目指すことはできます。

e83bbc61793e634cb873e744d6ce16c3_s

お腹がぽっこりしてて、寸胴でくびれがないのは、姿勢が悪かったり、代謝が悪い、便秘気味、運動不足で腹筋がないといった理由がほとんどです。

 

まずは体の部分部分の問題点を出して、1つずつ悩みを紐ほどいていくことで幼児体型の改善につながります。

 

治していくには効果的な方法を知っておく必要があります。

 

できることからやっていきましょう。
スポンサーリンク