PAK85_lalamushimegane20140321500

ぽっこりお腹の幼児体型にはいくつか原因があることがわかりました。

 

それを1つずつ挙げてまとめていこうと思います。

 

  1. 単に太っている
  2. 便秘気味
  3. 冷え性で代謝が悪い
  4. 猫背で姿勢が悪い
  5. 腹筋がない(筋力低下)

 

幼児体型の主な原因として考えられるのはこの5つですね。

ほとんどの人が複数の項目が当てはまるんじゃないでしょうか?

a16b5806f0cc19ab6f0a95fecd504dd8_s

幼児体型のぽっこりお腹というのは複合的な問題があるんです。

 

例えば猫背で姿勢が悪い人は腹筋がなかったり、便秘気味だって人は冷え性で代謝が悪いというケースがよくあります。

 

もしかしたらすべて当てはまってるって人もいるんじゃないかな?

 

でもこれらのぽっこりお腹は食事や運動やマッサージなどで治すことができます。

 

今まで寸胴でくびれがなかった体型でも、女性らしい魅力的な体をつくることができるんです。
スポンサーリンク

幼児体型のぽっこりお腹を治す方法

  • 太ってるならまずはダイエット(短期的で無理なダイエットは禁物です。)
  • 便秘解消するものを食べる
  • 腹筋運動をしてお腹の筋肉を鍛える
  • 猫背にならないようにキレイな姿勢を心がける
  • お風呂でお腹のマッサージをする

 

これらの解消法をコツコツ毎日やっていくことで、お腹まわりがスッキリしていくことを実感できると思います。

 

メリハリボディで男性からも女性からも憧れるスタイルを身に付けちゃいましょうね。

スポンサーリンク