0f3ee7d174451139dd83393cf618c4ec_s
幼児体型のぽっこりお腹を治す運動の方法として腹筋をすることとお伝えしましたが、腹筋などの運動は正直苦手って人には腹式呼吸でインナーマッスルを鍛えることがオススメです。

 

腹式呼吸はヨガでも取り入れられている呼吸法で、インナーマッスルを鍛えると同時にリラックス効果もあると言われています。

9037d45999cec45344cde8df37de8e2d_s

普段は胸だけで息を吸ったり吐いたりしていますが、腹式呼吸は息を吸いながらお腹をふくらませたり、吐くときに一緒にお腹を凹ますことによって腹筋運動をすることができます。

 

これを身に付けておくと例えば電車に座っている間、テレビを見てる間にも何か他のことをしながらも、意識すればどこでもやることができます。

呼吸法のダイエットといえば、ロングブレスダイエットがありますが、正直人前ではあそこまで大げさにはできませんよね。

 

それになんか女を捨てるみたいな感じがするのでわたしはあまり好きじゃありません。

 

そんなに大げさにやる必要はないんです。

035a06be4f71486d9cf2ddb7e295627b_s

まずはお腹をふくらませながら腹式呼吸をして深く息を吸い込みます。

 

そして30秒くらい時間をかけながらゆっくり息を吐き出していきます。

 

コツとしては息を吐いている時におへそが背中にくっつくイメージで息を吐き、その時にお尻の穴も締めておくと、腹筋にも力が入るので効果的にお腹まわりのダイエットができます。

 

けっこう簡単にすぐにできるので、脱・幼児体型を目指し試してみてくださいね。
スポンサーリンク