1a0e7c518b3d22540faecd394b13d4bc_s
ダイエットだけでは解消しづらい幼児体型の悩み。

 

便秘を解消しながらも、同時に腹筋などの筋トレをしていくと効果的にお腹まわりの脂肪を落とすことができます。

 

そのためには自分にとって効果的な腹筋の方法を知っておくことが必要です。
スポンサーリンク

効果的な腹筋運動するためにもポイントを抑えておこう

あなたのぽっこりお腹はおへそより上にありますか?

それともおへそより下の方がぽっこりしていますか?

それともどちらもぽっこりしていますか?

 

 

まず、おへそより上あたりがお腹が出てるって人は、オーソドックスな普通の腹筋運動をオススメします。

 

やる時のコツは背中を地面につけないくらいで、最初は1セット10回を目安になるべくゆっくりやるといいです。

 

そうした方が腹筋に負荷がかかるのでたった10回でも30回くらいやったくらいに疲れます。

ddfa0f8ed2727fe348e6d695c1177d7e_s

そしておへそより下が気になるよって人は、頭の後ろで手で抱えて、寝転んで足をまっすぐ伸ばしたまま上に上げる腹筋が効果的です。

 

これゆっくりやるとけっこう下っ腹に効いてインナーマッスルが鍛えられてる感じがします。

 

できる人は1セット10回くらいはやった方がいいですが、無理そうなら1セット5回くらいでも構いません。

 

それでもう一つアドバイスするなら、腹筋する時に体をひねりながらやった方が横っ腹のお腹まわりに効くからオススメだよ。

 

でも男じゃないんだから、あんまり腹筋しすぎてもムキムキになっちゃうだけだから気を付けてね。
スポンサーリンク